一人暮らしで犬を飼う。-元保護犬ルナとの暮らし-

一人暮らしで犬を飼い始めて2年が経過。犬を飼う前にたくさんの人のブログを見て色々学ばせてもらったので、今度は私が誰かの参考になれればうれしいです!

犬を迎えるのはどこから!?初めて犬と暮らすヒトに伝えたいこと。

こんにちは。

あんころです。

 

つい(?)2年前に初めて犬と暮らすことになったあんころ。

犬と暮らして2年が経ち、どこから犬を迎えるかって本当に大切だなと思います。

そこで今日は、犬はどこから迎えるのか良いのか!?ということについてお話ししたいと思います。

犬を迎えるのはどこから?

f:id:luna-an-jp:20190116011737j:plain

どこから犬を迎えよう?と考えた時、考えられる選択肢は3つでしょうか?

  1. ブリーダーから迎える
  2. 保護団体から迎える
  3. ペットショップから迎える

そのほか知人から迎える、なんてことも考えられそうですが、ここでは上記3つについて考えて見たいと思います。

1.ブリーダーから迎える

犬を迎えるにあたり、わざわざ調べてこんな個人ブログにまでたどり着いてくれた方が一番に思いつくのはこの選択肢かと思います。

ブリーダーから迎えるメリット

・健全な子犬を迎えられる

犬種のスタンダードというものをきちんと考え血統をコントロールしているようなブリーダーさんだど、ペットショップで見るような疾患を抱えた犬を迎えることはないと思います。

ペットショップを覗いていると、小型犬はほぼみんな膝蓋骨の弛緩性(パテラ)陽性ですし、股関節にも疾患を抱えていたり、その他もろもろの先天的な形成不全(といっていいのかわかりませんが)を抱えている子犬の多さに驚かされます。

犬種のことをきちんと考えてブリーディングされている方は、遺伝子検査を実施していることも多いですし、何か問題を抱えた犬が生まれてしまった場合、それが小さい(ように見える)問題であっても、その個体をブリーディングラインから外すことがほとんどだと思います。

逆に言えばそういったことをしていない方は名ばかりのブリーダーかと。

素人が生意気いってすみません。

・初期の社会化が済んでいる

調べてみると案外ここまでやってくれるブリーダーさんは意外と少ないようですが、本当に熱心なブリーダーさんは、生後三か月近くまで子犬を親犬・兄弟犬と過ごさせ、初期の社会化を適切に実施してくれるそう。

せっかくブリーダーさんから迎えるのなら、生後80~90日くらいまで親元で過ごしてもらった方が情緒は安定するようです。

多くの問題行動は、社会化の失敗により起こるとされており、そこには子犬の単独展示(ショップのショーケース)や親犬から早期に離されることが関連しているそうです。

自分のところで生まれた子犬に本当に愛情を持ち育てているブリーダーさんは、子犬を早期に手放すことはしないでしょう。

そのことによりさまざまな問題を回避することが出来るのは、ブリーダーさんから子犬を迎える大きなメリットだと思います。

ブリーダーから迎えるデメリット

唯一あるとするならば、良いブリーダーさんに巡り合うのが非常に難しいということ。

ブリーダーから迎えるのが良いのか!と検索してみますよね・・・

「○○(犬種) ブリーダー」と。

でも、意外と思っているようなブリーダーのサイトにたどり着くのって難しくないですか?

ブリーダーとは名ばかりで、実態はほぼパピーミルだったりすることもあるとか・・・。

 現在あんころは、次にジャックラッセルテリアを迎えることがあればこの方から迎えたい!と思っているブリーダーさんがいるのですが(譲っていただけるかはわかりませんが・・・)、犬と暮らしたい!と思い始めた当初にこの方にたどり着くのは困難でした。

積極的にHPを更新されていないブリーダーさんも多いですし(犬育てって絶対忙しいですしね)、なかなか本当に良いブリーダーさんに巡り合うのが難しい・・・それが唯一のデメリットかと思います。

ドッグショーの会場を覗いてみて、お行儀の良いワンコさんを連れている飼い主さんにどこで迎えたのか聞いてみたり、同じようにアジリティやドッグダンスの会場で聞いてみるのも良いかもしれません。

お行儀良くってところがポイントで、早く競技がやりたくて吠え続けているような子は、普通に家庭犬として暮らすには興奮性が高く苦労する可能性もあります。

↓JRTフェスティバルで大勢のジャックが大人しくしている姿をみて、氏(生まれ)って大事だなと思ったあんころです。

こちらのブリーダーさんは90日まで親兄弟と一緒に過ごさせ社会化をさせてくれるそうですよ。

www.luna-an.jp

2.保護団体から迎える

ちなみにルナは元保護犬ですが、実は保護犬活動をしているペットショップから迎えたため、保護団体とは事情が異なります。

保護団体から迎えるメリット

・ライフスタイルに合った子が迎えられる

成犬も多く、ある程度性格等がわかっているため、ライフスタイルに合った犬を迎えることができるかと思います。

あんころも4歳近いルナを迎えましたが、元々室内飼いだったようで、うちに来た時からトイレの失敗はほぼなく、手がかかりませんでした

また、食べ物とそうではない物の区別が明確にできていたため、子犬のようになんでもかんでも口に入れてしまうようなことがなく、早い段階で室内フリーを実現することができました

これはルナのストレスを明確に下げることにつながりましたし、成犬を迎えてよかったなぁと思っています。

アクティブな子なのか、のんびりとした子なのか、そういった性格が事前にわかることでライフスタイルに合った子を迎えられるのが、成犬を迎えるメリットだと思います!

保護団体から迎えるデメリット

・問題を抱えている可能性がある

ヒトが苦手だったり、犬が苦手だったり、大きい音が怖かったり・・・

苦手なものをたくさん持っている可能性があります。

ルナはひとつひとつ勉強をしている最中ですが、まだまだ苦手なもの・状況もたくさんあります。

また、幸い今のところ健康上の問題はありませんが、保護以前の既往歴もわかりません。

勢いも後押ししてルナと暮らし始めた私が言えることでは決っっっしてありませんが、「犬を迎えるのなら保護犬を!」と保護犬をごり押ししすぎる風潮にはいささか疑問があります。

どんな子を迎えるのかにもよりますが、想像している以上の困難が待ち受けている可能性もあります。

 

ただこれは、保護犬に限った話ではありません。

ペットショップから迎えても病気になる可能性はあるし、先天的に関節形成に問題を抱えている子もいます。

後述するように、パピーミル出身では生まれながらに不安傾向を持って生まれてくる子もいます。

不安傾向がきっかけで破壊行動や攻撃行動が出る子もいます。

そういったことも全部ひっくるめて、犬と暮らすってことなのかなぁと思います。

3.ペットショップから迎える

一番身近な選択肢ってこれですよね。

あんころも犬を飼う!と決めてから、色んなペットショップを回り、どんな子がいるのかな~と覗いたものです。

ペットショップから迎えるメリット

・いつでも子犬がいる

いつでも様々な犬種がいて、飼いたいと思えば飼うことができます。

そうじゃないショップもあるのかもしれないけれど・・・。

また、ショップ内にしつけ教室や動物病院を併設していることもあり、サポートを受けられる可能性があります。

ペットショップから迎えるデメリット

・関節疾患を抱えた犬がとても多い

あんころの近所のショップがたまたまそうなのかもしれませんが、パテラをはじめとする関節疾患に多くのチェックがついている場合が多いです。

・大切な社会化期を逃している

本来親犬や兄弟犬と触れ合い、色々な環境に触れているべき社会化期に小さなケージに閉じ込められていることで、後々問題につながることが多いようです。

また、母体のストレスは子犬にも影響を与えることが分かっており、パピーミル出身の犬は生まれながらに不安傾向であり、問題行動を抱えるリスクが高いともいわれています。

 

最近ではペットショップでも広めのサークル内に複数の子犬を一緒にして取っ組み合い遊びをさせたり、色々な音を聞かせたりという所もあるようなのでそういったショップでは、そうでないショップよりも社会化不足のリスクは低いかもしれません。

 

 

結局どこから迎えればいいの?

どこから迎えても良い、迎えた子を大切にできるのであれば!

ということなのかもしれません。

答えになっていませんが。(笑)

 

ただ、私がもし次に犬を迎えることがあれば、前述したブリーダーさんから迎えたいと思っています。

先日参加したセミナーで、

母犬のストレスは胎児に影響し、生まれてくる子犬が不安を感じやすくなったり、ストレス耐性の低い子犬になる可能性が高い

ということを聞きました。

20年近く一緒に暮らす相棒ですから、おおらかでストレスに強く、遺伝性疾患のリスクが低く、長生きできる子を迎えたいです!

犬は氏より育ちだと思ってトレーニングをしてきましたが、氏も育ちも大切だ!という結論に至っています。

 

あんころの経験が、これから犬と暮らそうと思っている人のお役に立てればうれしいです(^^)

ランキング押してくれるとやる気が高まります。(笑)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

肉食は犬を攻撃的にする?-食事内容と攻撃性の関連について勉強したことまとめ‐

こんにちは。

あんころです。

お久しぶりもいいところです。(笑)

ルナは元気です。 

食事と攻撃性の関係

さて今日は、あんころが学んだ食事と攻撃性の関連について書きたいと思います。

きっかけは、犬猫の攻撃性の行動診療科における治療について調べていて、選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRI)などの抗うつ薬抗不安薬が使用されているケースが多いと知ったことでした。

脳波を調べたら突発性てんかんの診断がつき、抗てんかん薬の適応になったというケースも非常に多くありました。

食事関連の問題行動が抗てんかん薬により改善した例もあるそうで・・・

 

攻撃行動が薬物療法の適応になるならば、抗不安作用のあるサプリメントでもある程度の効果が見込めるかも?と考えてさらに色々と調べていたところ、食事と攻撃性の関連性についてたどり着きました。

「肉食は犬を攻撃的にする?」と刺激的なタイトルをつけてみましたが、

結論から言うと、肉食が直接犬を攻撃的にするわけではなさそうです。

決して肉を食べると野生に戻るから攻撃的になるわけでもないです。

 

セロトニンと攻撃行動

ヒトや多くの動物において、セロトニンと攻撃性の関連が示されているそうです。

他にもセロトニンは脳のブレーキとも言われており、興奮性を抑えたり、リラックスさせる効果があると言われています。

セロトニンの脳内への取り込みを増やせば攻撃性は低下する可能性がある!

ということが言えそうです。

しかし、セロトニンセロトニンの状態のまま脳へ移動することができませんので、セロトニンを直接摂取しても効果はありません。

そこで考えられるのがトリプトファンの摂取量を増やすこと!

トリプトファンセロトニン

トリプトファンセロトニンの前駆物質であり、アミノ酸の一種です。

じゃあトリプトファンを始めとするアミノ酸をたっぷり含む高タンパクの食事を摂ればセロトニンが増えるんじゃないか?と思うところですが、ところがどっこい!(古)

これは逆なのだそう。

トリプトファンが脳内に入るためには、血液脳関門を通過する必要があり、高タンパク食はトリプトファンのライバルとなり得るその他のアミノ酸の量も増やしてしまいます。

高タンパクな食事の摂取によりトリプトファン血液脳関門を通過しにくくなり、結果的に脳内のセロトニン濃度が低くなるとのことです。

 つまり、高タンパク食は犬の攻撃性を増加させる可能性があると考えられそうです。

実際に、

低タンパク(18%)フード、低タンパクフード+トリプトファン、高タンパク(30%)フード、高タンパクフード+トリプトファン の4条件でフードを給餌し、攻撃行動を観察したとことろ、低タンパクフード+トリプトファン条件で有意に攻撃性が低下した。(DeNapoli et al., 2000)

 

テリトリー攻撃を有する犬に低タンパク(17%)、中タンパク(25%)、高タンパク(32%)食をそれぞれ与えたところ、低および中タンパク食で有意に攻撃性の低下がみられた。(Dodman et al., 1996)

 

高L-トリプトファン(Trp/LNAA比0.048)、α-カソゼピン(20mg・kg・1・day・1)を配合した実験食は、見知らぬ人への攻撃性を有意に低下させた。(加藤,2012)

他にも、

・α‐カソゼピン(ジルケーン等)の不安に対する効果はジアゼパム抗不安薬)と同等である

・高炭水化物食は高い割合でトリプトファンを脳内に届ける

・L-トリプトファンの添加は吠え行動と凝視行動を有意に減少させた

(これらはどこで読んだのか忘れてしまいましたスミマセン・・・)

など、食事内容(低~中程度のタンパク質比率)サプリメントトリプトファン、αカソゼピンetc.)の添加により、攻撃性を低下させられる可能性がある、ということがわかりました。

 

さまざまな本を参考に手作り食を実践したり、関節に良かれと思って高タンパクなフードをチョイスしていたあんころですが、うーん、これは攻撃性という観点から見るとベストではない食事だった可能性が高いです・・・。

特に最近出ている手作り食の本は、「炭水化物は一部のスポーツドッグを除き不要だ」とする本も多いですよね。

膝関節とダイエットのために良かれと思って炭水化物をほぼなくしていたあんころ。

田中先生に教えていただきジルケーンはずっと与えていましたが、高タンパクに偏った食事は脳内のセロトニン濃度を下げ、ルナの不安を増大させたり、攻撃行動、吠えや凝視の行動をより増加させていたりした可能性があります・・・。

 

食事内容を変更。効果はあったか?

そうと分かればさぁ実践。

手作り食を始めた一番最初の頃の配合に戻しました。

 厳密にパーセント計算するのは無理や!

今後はタンパク質比率低めなドライフードを利用することも考え中。

検討中のドライフードはこの辺。

Yum Yum Yum! やわらかドライタイプ(粗タンパク18%※ドライタイプは21.5%)

ナチュラルハーベスト ベーシックフォーミュラ メンテナンス(粗タンパク18%)

ナチュラリーフレッシュ ターキー&ラビット(粗タンパク24%)

このくらいしか見つからず、他は大体26%以上だった・・・。

私自身、高タンパク=良いフードだと思っていたし、高タンパクの方がやっぱり売れるのかな?

 

タンパク質の比率を変えて今日で7日目。

6日目の昨日、ここ最近では珍しい姿が見られました。

それは、

ここ数ヶ月確実に吠えていた、玄関へチラシが投函される音に対し、

一瞥はしたけれど吠えなかった

ということ。

 

この数ヶ月間、「あれ、こんなにいちいちバイクやトラックの音に吠えてたっけ?」と感じることがありました。

しかし、いちいち記録を取っているわけでもないですし、最初の頃はそんなにルナの行動をしっかりと観察していたわけではなかったので、気のせいかなぁと思っていました。

ですが、昨日のポストへの投函に吠えなかった姿を見て、もしかしたら、改善するかも!と思えました。

 

吠えがなくなれば、反応しているけれど吠えていない状態を強化したり、物音(=不快刺激)をオヤツ(=快刺激)と結び付け、よりストレスの少ない状態へトレーニングしたりすることができるかもしれません。

とか言って、今日あたりまた吠えたりして。(笑)

今日は久しぶりに窓を開放しています。(暑いので)

反応が見たい日に限ってバイク来ないよねぇ。

 

もう一つ気が付いたのは、部屋の中ならどこでも寝る子に戻ったということ。

ここ数ヶ月、お昼寝は基本的にあんころのベッドでしていたルナ。

そしてあんころがそばを通る度に不安げな表情を浮かべていましたが、ここ数日久しぶりにあんころのそばでお昼寝しています。

あんころの近くに置いた犬用ベッドで寝ていることもあれば、クッションとクッションの狭間で行き倒れている(笑)こともあり、睡眠時の緊張感が薄れたような気がします。(プラセボ?) 

f:id:luna-an-jp:20190528113246j:plain

カメラ向けたら起きたけど、挟まって寝てました。(笑)

うちの子は高タンパク食食べてるけど不安な行動や攻撃性なんてありませんよって子ももちろんいるでしょうけれど、問題行動を起こす子の中には先天的にセロトニン代謝に問題を抱える場合もあるようなので、何もしないよりは試してみる価値があるのではないでしょうか。

開封のキアオラ(30%)、もうあげられないや・・・着払いで良ければほしい方います・・・?

食事以外でも、朝日を浴びたり、リズム運動をしたり(お散歩や咀嚼)、グルーミングしたりすることもセロトニン分泌を促すようです。

つまり、朝のお散歩最強!

まとめ

既に学習されてしまった攻撃行動については食事療法だけでは難しいものもあると思うので、その場合は行動療法と併用して食事療法も取り入れるのが良いのかなと感じています。

炭水化物と発がんには関連性があるそうなので、とこまで厳密に低タンパクにするかは難しいところですね。

低タンパクの弊害もあるだろうし。

最新の文献まではたどり着けなかったので、さらに学びが深まった際には追記していきたいと思います。

 

こういうことを学ぶたびになんとも言えない気持ちになります。

(ヒトにとって)問題(とされる)行動の背景に、神経伝達物質代謝異常があったり、てんかん発作があったり、それらによって生じた二次的な不安や恐怖があったり・・・

でも学ぼうとしなかったらそんなことはわからないし、「犬がナメてる」って思っている限りはこんなこと見えないですよね。先日犬に関わるお仕事をされている方がそんなことを言ってるの聞きましてね・・・。とちっちゃく書いてみる。

甘い!って思われるかもしれないけれど、「嫌だ!」と咬んでくるのなら、「嫌だからって咬んでも意味がない」と教えるのではなく、「嫌だと思っていることは別に怖いことじゃないんだよ」と教えたい。

時間は気が遠くなるくらいかかったとしても、拮抗条件付けと系統的脱感作でできるはず・・・。私みたいなイチ飼い主なんかより犬に関わるお仕事をされている方の方が数段上手にできるでしょって思っちゃう。ってこれまたちっちゃく書いてみる。

甘すぎるのかなぁ・・・。

 

久しぶりの超大作を最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

うちの子記念日!

こんばんは。

あんころです。

 

気がつけば三が日も過ぎ…

新年おめでとうございます。

(いるかわからない)読書の皆さま、本年もよろしくお願い致します🐶

昨年の福袋記事が大ヒットして、ブログのジャックラッセルテリアランキングがうなぎのぼりです。笑

でも、ごめんなさい!

今年は買ってないです😂💔

代わりにとっても気に入ったプチプラウエアを購入しました🎶

また記事にしますね😉

 

うちの子記念日

実家に帰省した際に偶然目にしたルナ。

毎年年始にうちの子記念日なのです😂

去年のうちの子記念日はこんな感じでした。

www.luna-an.jp

 

うちに来て2年。変わったことは?

尻尾を上げたままご飯を食べられるようになった

ルナを知っている方ならきっと驚きだと思うのですが、うちに来て1年以上、あんなに食べるのが大好きなルナなのに、食事中は尻尾を下げていました。

いつも取られるかもしれないという不安を感じながらごはんを食べていたのかもしれません。

そんなルナが、尻尾をピンと上げたままご飯を完食できるようになりました。

間違いなく田中先生のおかげ!!!

「フードアグレッシブ」というキーワードで当ブログにたどり着いている方も多数いらっしゃるようですが、科学的根拠に基づいてトレーニングを処方してくださる方に相談なさることをオススメします。

学習理論や行動療法をキチンと学ばれた方にご相談する方が良いです。

犬を訓練することと、問題行動を改善することは一見同じように見えてたぶん全然違います。

「犬との信頼関係が改善されれば問題行動はなくなる」

…間違いではないのかもしれませんが、おそらくそれだけでは改善しないこともあると思います。

ルナで言うと、関係性が改善したことで、本気で咬むことはなくなり、抑制された咬みにはなりましたが、咬むという行動自体が減ったのはそれぞれの問題に対処していったからだと思います。

フードアグレッシブに対して、行動を変えるために段階的にどのようにアプローチすればよいのか…犬にも人にもストレスのない方法を提示してくださったのは田中先生だけでした。

もちろん、いわゆるアルファロールなんてやってませんよ😂

 

散歩中の自主的なアイコンタクトが増えた

そして、これにより色々な場面でルナが自主的にあんころにコンタクトを取ろうとする場面が増え集中が上がった!

その結果ミュージックチェア(わんこと一緒に行う椅子取りゲーム)で優勝出来たりと、うちに来た頃からは考えられない成長を見せてくれました。

www.luna-an.jp

これはきっと日頃のネームエクササイズのおかげ。

あとは自主的な集中をしっかり褒めることかな?

この辺もぜーんぶ、田中先生から教わりました!

田中先生のところには、JKCの訓練士さんとかも来るそうですよ。

そういう風にきちんとすみわけ出来たら飼い主さんも選びやすくなるし、不幸な例は減りそうですよね。

競技会に出すために教わるなら絶対訓練士さんの方が良いし、問題行動を抱えていて改善したいのならその道の専門家にお願いしたほうが良いですよね。

でも新米飼い主の頃はそんなことわからなかったですし、混乱したなぁ。

 

相変わらずある行動

寝ている時にそばで動くと攻撃しようとする

たとえば寝ている近くで手を動かしたりすると、間違いなく咬まれます。

でも寝ている近くを通った時点で「固まる」というシグナルを発するので、見落とさなければ咬まれることはなく、とりあえず私は大丈夫です。

犬曰くで藤田さんがラッコくんの動画をあげていたので見てもらえればイメージが湧くかと。

無言で微妙、犬言葉 藤田りか子 | 犬曰く

ラッコくんのシグナル、結構わかりやすいですよね・・・?

ルナはもっと一個一個のシグナルが短い印象。

というか、「あ、やばい」と思った次の瞬間もう攻撃行動に移っているような。

ラッコくんがルナなら、アシカくんに向かっている場面で多分咬んでいます。

この辺は犬種の差なのかなぁ・・・?

それとも社会化の差?それともそれとも、訓練の差・・・?

 

寝ている時にすごーく遠くで手を動かすことから初めての少しずつ距離を縮めていけばたぶん克服できるのだけれど、そこにかかる時間とかを天秤にかけたら、とりあえず呼び戻してから近くを通ればいいのかな〜といまは思っています。

犬がリーダーになってるからだ論からしたら、叱って押さえつけて…みたいな感じなのかもしれないけれど、どう見てもルナは何かのトラウマで寝床の近くで動かれることに恐怖を感じていて、これ以上近寄らないで!っていうシグナルも出してるわけで、じゃあ怖くない方法でそこを通らせてもらおうかなと今のところは思っています。

また何か新たな知見が明らかになれば変わるかもしれませんが…いまのところはね!

 

まとまらないけどまとめ

いつもの如く全然まとまらないですが、ルナはとってもいい子になってくれました。

f:id:luna-an-jp:20190105212911j:image

お散歩中の公園でトリック練習をしていたのですが、うれしいことが🤗🎶

通りすがりの方が、

「そのわんちゃん賢くてとってもカッコよかったわ!」

と声をかけてくれたのです!

背中ジャンプをやってたので「カッコよかった」って。

なんだか感慨深くって。

咬まれまくってどうしていいのかわからなくって、叱ってみたり、怒ってみたり。

でも全然上手くいかなくて、勉強して、勉強して…

いろんな方にお世話になって、実践して、実践して…

やっとここまできたかーっと😂‼

長いようで短くて、短いようで長い2年だったけれど、ルナのこと、わかることが増えましたし、ルナもきっと私が伝えたいことをわかることが増えたのだと思います😂

だから対立するような局面自体が減ったし、そういう局面に入っても咬まれる前にコマンドで回避できるようになった!

1人と1匹、成長しました!

 

来週にはアンドレア・ペチュ先生のインパルスコントロール/攻撃性を学ぶという2本のセミナー受講があり、インパルスコントロールセミナーはルナも同伴できることになりました!

こういう学びの機会もルナがつないでくれたご縁だなぁ。

幼き頃の夢がこんな形で実現しようとは・・・、

 

今年もルナと2人3脚…?いや、何脚?

1人と1匹で仲良く頑張りますので、応援よろしくお願いします🎶🎶

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

メリークリスマス!

f:id:luna-an-jp:20190114235836j:plain


こんにちは。

あんころです。

今年も残すところあとわずか・・・。

年賀状が作り終わらない・・・・・・。

愛犬と過ごすクリスマス!

そんなこと(笑)はさておき、さぁクリスマスです!!!

去年のクリスマスは、知育トイをあげました。

www.luna-an.jp

今年はさらにレベルアップした知育トイをプレゼント!

・・・のはずが、なんとあっさりクリア。

初回から2分でクリアしてしまいました!

https://www.instagram.com/p/BrwDCvcD6OS/

今年のクリスマスプレゼントも知育トイ🎁🎅✨長いので2倍速です‼去年よりも難しいやつにしたけど、初回から2分でクリア✨✨レベル上がってる💪💨・・知育トイじゃなくても頭は使わせられるけど、自発的な行動を促したり、行動に自信をつけさせるのに知育トイやノーズワークはうってつけだと思っています!失敗がないし、自分の行動全てが報酬につながるから🐶‼あーでもない、こーでもないと夢中でスンスン鼻を鳴らす愛犬を見るのはいいもんです🤗❤#ジャックラッセルテリア #jackrussellterrier #jrt #知育トイ #知育玩具 #nosework #ノーズワーク #1人と1匹 #いぬとの暮らし #クリスマスプレゼント #メリークリスマス #元保護犬

ルナのレベル上がってるー!!!

結構難しそうなやつ選んだんですけどね。

来年はもっと難しいやつを選ぼうと思います!

 

インスタにも載せたけど、知育トイって犬に自信をつけさせるのに持ってこいだと思うんです。

行動してみたらおやつ出てきた!っていうポジティブな体験がたくさんできるし、失敗しないし、犬にとってはとっても楽しいことばっかりなんじゃないかなぁと。

下に出てくるおもちゃ箱引っ張る芸(笑)はクリッカーで教えたのですが、

新しい道具を見せた時に「こうかな?こうかな?」って色んな行動をしてみせてくれるのは、知育トイ遊びの功績もかなりある気がします(^^)

 

 

プレゼントは他にも新しいお洋服をポチったのだけど、繁忙期のようでクリスマスには間に合わずでした~。

今年はサンタコスも楽しんでみたよ!

ルナのこの迷惑そうな顔に注目。

https://www.instagram.com/p/BrxQ5NAj-dk/

🐶「変なもの載せられて変なもの被せられた😡」ブルブルするので数十秒後にサンタさんは落馬しました😂‼来年に向けて被り物練習しよーっと😝#インスタ映えない #ジャックラッセルテリア#jackrussellterrier #jrt #メリークリスマス #クリスマス #1人と1匹 #いぬとの暮らし #元保護犬

連れない愛犬。

 

でもお給料もらえるなら話は別なんだよね~

ルナカイ🦌🎅🏻❤運び方がとっても雑なのでたまにプレゼント落とします😂😂😂‼#ジャックラッセルテリア #jackrussellterrier #jrt #メリークリスマス #サンタコス #トナカイコス #merrychristmas #dogtricks #dogtraining #ドッグトリック #1人と1匹 #いぬとの暮らし #元保護犬

ほんとはプレゼント型のオーナメントを積み込むところからやらせたかったけど、

プレゼント型のオーナメント見つけられず断念~・・・。

雑な動画に仕上がりました。(笑) 

 

ルナのおかげで今年は楽しいクリスマスが過ごせました(^^)

毎日ごちそう食べたいな~なルナに、ポチお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

再びキャンペーン当選!!

こんにちは。

あんころです。

犬曰くクイズキャンペーン当選!

引きの強いオンナ🐶ルナが、またもキャンペーンに当選しました〜❤❤❤

いつもあんころが更新を楽しみにしている「犬曰く」さんのクイズキャンペーン‼

inuiwaku.net

しかも当選品は、欲しかったペットカーシート(ドライブボックス)✨

f:id:luna-an-jp:20181220151942j:image

めちゃめちゃうれしいいいいい\(^o^)/

最近ルナ連れてよくドライブボックス探しにショップを回っていたのだけれど…

やっぱりルナが引き寄せてくれたのか🤔💭

f:id:luna-an-jp:20181220152308j:image
こちらのドライブボックス、後ろの切り込み部分にシートベルトを通すだけで固定ができて、使い方もとっても簡単でした‼

f:id:luna-an-jp:20181220152502j:image

ルナも気に入った様子🤗🎶

f:id:luna-an-jp:20181220152530j:image

飛び出し防止用フックもついていました。

f:id:luna-an-jp:20181220152606j:image

 

株式会社グループストア様、犬曰く様、素敵なクリスマスプレゼント🎅🎁💕をありがとうございます🐶

これでルナとのドライブがより一層楽しくなりそうです。

大切に使わせていただきます‼

 

思いがけないクリスマスプレゼントにうはうはなあんころとルナに、ポチお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

 

ルナが当選したペットカーシートはこちら。

 

混合ワクチンは3年に1度!?犬用ワクチチェックを受けてきた!

こんにちは。

あんころです。

混合ワクチン

混合ワクチンの接種時期になりました。

去年はちなみに8種を打った。

その時から、毎年打ってていいのかなぁ…

うーんうーん…という悩みが。

先日の腰痛の際に、かかりつけの獣医さんに聞いてみました。

「混合ワクチンの抗体価検査ってできますか?」

回答はこんな感じ…

できますけど、普通にワクチンを打つよりもはるかにお金がかかりますよ。

結果抗体価が下がっていたら通常のワクチン代もかかります。

確かに欧米では3年に1度というのが一般的になっていますが、何でもかんでも欧米に追従する必要はないのではと私は思います。

人にインフルエンザのワクチン打つ時に抗体価検査しますか?

しないですよね?

犬だけ抗体価検査するっていうのもどうかと思いますが…

みたいな感じでした。

いや、犬と人とじゃ体に入る量が違うし…

犬は一気に何種も入るじゃないか…

という言葉はぐっと飲み込んでとりあえずもう少し考えてみます〜と病院を後にした。

 

そして悩んだ。

確かに人のワクチンの中にも風評で接種率が落ちて感染率が上がってしまったようなものもあるし、そもそも3年に1度の根拠って…? 

 

迷った時は…

そして先日決めたこと。

迷った時は科学的に正しいとされているものを信じる。

根拠を探せ!!!!!と。

 

あっさり見つかりましたー!

Vaccination Guidelines | WSAVA Global Veterinary Community

この中のJapaneseのところで、WSAVA(世界小動物医師会)のワクチネーションガイドラインが見られます。

え、なんでこれもっと早く獣医さん達教えてくれないの…

それとも日本はこれと方針が違うのか…?

と思ったら、

日本獣医学会のQ&A- 犬猫のワクチンについて

日本獣医師会のQ&Aの中にも。

日本獣医師会として上記のように回答しているのなら、よし、抗体価検査を受けよう!

ということで、茨城県内の協力的な病院を探してみた。

「茨城 ワクチン 3年に1回」

って検索しました。笑

HPに3年に1回的なのを書いてる病院なら抗体価検査に好意的かなーと思いまして。

 

そして、HPでWSAVAのワクチネーションガイドラインについて触れている病院を見つけたので行ってきました。

犬用ワクチチェック

ルナが受けたのは、抗体価検査ではなく、抗体検査。

犬用ワクチチェックというものです。

vaccicheck.jp

具体的に抗体価が出る訳ではなく、抗体があるかないかを調べるものです。

飼い主用のページもあります。

vaccicheck.jp

これについても本当にこれでいいのか悩んだけれど、ガイドラインに関する座談会の記事を見つけ、その中に陽性か陰性かがわかればそれで十分だという記述もあったので、こちらを受けることにしました。

ちなみに犬用ワクチチェックの売り(?)のひとつは、ワクチネーションガイドラインに準拠した、ということみたいです。

www.excite.co.jp

結果は

f:id:luna-an-jp:20181219144255j:image 

陽性(抗体あり)!

今年度の(コア)ワクチン接種は必要ないですとのことでした。

ちなみにワクチチェックのお値段は6000円でした。

抗体価検査に比べて安い!!!

病院によって値段は違うかと思うので、利用する場合は問い合わせてみてくださいね!

ちなみに院内検査可能なのも売りのひとつみたいですが、他の方のブログでも見かけたように結果が出るまで結構時間がかかるらしく、ルナの場合は翌日以降と言われました。

 

注意点?

検査できるのはコアワクチンのみ。

ルナはトリミングもドッグランも利用しないので大丈夫そうですが、5種以上を接種しないと受け入れてくれないところでは受け入れてもらえない可能性が高いです。(パラインフルエンザを含まないので)

獣医さんの話でも、抗体検査の結果で受け入れてくれるところも増えてきているけれど、頑なにワクチン打たなきゃダメ!って施設も多いそうです。

ルナが困りそうなのは、一緒にお泊まりで出かけたい時かなぁ。

その辺もまた今後追記して行ければいいかなと思います!

 

レプトスピラ(ノンコア)を打つかどうかはまだまだ悩み中。

武蔵野市で出たレプトスピラ感染は型までわかっていますし、そっちの方に行く予定があれば打ったほうがいいのかな。

とりあえずハイシーズンに入るまでは迷おうかなと思っています!

 

また一つ勉強できたあんころとルナにポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

昨日のルナめし〜

こんにちは。

あんころです。

 

今度は飼い主が…

ルナの腰が治ったと思ったら、今度はあんころが股関節を痛めました😂💔

なかなかロング散歩には行けず、短いお散歩とおうちでのトリック練習&ノーズワークで我慢してもらいました😅

トリック練習の成果…

バックアラウンドができるようになりました✨

バックアラウンド‼あと少し😤😤😤😤😤✨あと少しで投稿しちゃうあたり、喜びが伝わるでしょうか🤔💭笑#ジャックラッセルテリア #jackrussellterrier #jrt #ドッグトリック #ドッグダンス #1人と1匹 #いぬとの暮らし #元保護犬

まだまだ不安定ですが、一応あんころが逆回りしても回れた🎶

飼い主回りながら🐶回れた😍🎶覚えてからは早かった🤗🐾次はお外で練習かな🤔💭ちなみに回りすぎて目回った飼い主。笑#ジャックラッセルテリア #jackrussellterrier #jrt #dogdance #dogtricks #ドッグトリック #ドッグダンス #バックアラウンド #1人と1匹 #いぬとの暮らし #元保護犬

バックアラウンドばかりやりすぎて、対面でバックの指示を出すと曲がってしまうように🤔💭(ターンしちゃう感じ)

先読みして脚側につくとオートで回っちゃうし😂😂

一緒に下がろうとしても曲がるから、踏みそうになる😂

なかなか難しいですね😅

まぁ、練習を積み重ねることで解決するでしょう😤

 

昨日のルナめし

長いお散歩に行けずヒマなので、作り置きじゃなくて煮込みました〜

朝は鱈と野菜ミックスと玄米フレーク。

f:id:luna-an-jp:20181209084906j:image

おやつにレバー、ハツ、砂肝、生手羽

夜は鶏軟骨と野菜ミックス。

f:id:luna-an-jp:20181209084921j:image

野菜ミックスは作り置きだし、煮込むとどっちも一緒に見えますね😅

どうせ崩しちゃうし、盛り付けとか面倒臭い😂😂😂笑

 

生食もするけど、最近寒いから加熱食中心です‼

2日に1回生手羽あげてます。

次は鹿肉にもチャレンジしてみたいなーと思ってます🎶

冬はラム肉もいいみたい🤔💭

 

最近参考にしてるのはこちらのサイト‼

www.whollyvet.com

 「栄養自動計算機」ってやつが自動で必要量算出してくれて、めちゃめちゃわかりやすい✨

面白くてどんどん読んじゃいました‼

 

面倒だなーって思う時は無理せずドライフードも使って、気長にやっていこうと思います😁

股関節の痛みも和らいできたし、そろそろロング散歩も行けるかなーなあんころに、エールをお願いします🐶笑

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

アイラインが薄くなった原因発覚・・・?

こんにちは。

あんころです。

 

ルナのアイライン

ルナのアイラインが薄くなったかも?ということを以前書きました。

www.luna-an.jp

そしてその原因かも?と思われるものにたどり着いた!

それはずばり・・・亜鉛不足

Dog actuallyに京子アルシャーさんが書かれていたいぬめし記事を読み返したら書かれてた!

ちなみに犬曰くに再掲されていました。

inuiwaku.net

亜鉛は色素や毛艶、肉球の質なんかに関わっているそうで、亜鉛が不足すると色素が薄くなったり、毛艶が悪くなったり、肉球がパサついたりするんだそうです!

手作り食に変えたら肉球が柔らかくなったかも、みたいなことを書いたと思うのですが、亜鉛が関係しているとすれば納得。

ドライフードにももちろん亜鉛は含まれているようですが、最低限量しか入っていないものもあったりして、特に換毛期では亜鉛不足になることがあるようです。

本文だと手作り食の方が摂るの大変な感じで書いてあるけど、選んでたフードが亜鉛少ないやつだったんだろうか・・・?

ルナの肉球、たくさんコンクリート歩いてるから硬いのかと思っていたんですが、手作り食にしたらぷにぷにになった♡

手作り食に入れているレバーやハツ、砂肝などの内臓系効果なのか・・・?

 

定期的にサプリメントで補っても良いみたい。

食のことは考えだすときりがないですね・・・。

 

食事台問題

ぎっくり腰になった際に頭を下げて食事をするのが辛そうだったルナ。

かわいそうなのでそれから簡易的に踏み台に載せて食事をさせていましたが、高すぎて逆に食べ辛そう。

 

f:id:luna-an-jp:20181204163002j:image

最終的には落とすし。笑

f:id:luna-an-jp:20181204163104j:image

今日はちょうどよさそうな高さのBOXに載せてみましたが、こっちのほうが食べやすそうです。

f:id:luna-an-jp:20181204163017j:image

メルカリとかミンネでかわいくておしゃれな食事台がたくさん売ってたので同じくらいの高さのやつかおうかなぁ・・・。

Keatのやつも気になる。

とかいって、このままBOXに載せ続けるかも。笑

 

食の悩みが絶えないあんころとルナに、ポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村